DMM株(DMM.com証券)とサクソバンク証券を厳選5項目で比較!

証券口座一覧

こちらでは人気証券会社の「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」を5つの項目で比較してみました。

多くのみなさんが証券会社を選ぶ基準となる、
「1.手数料」「2.積立、投信」「3.外国株」「4.IPO(新規公開株)」「5.サポート」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところを包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらで口座開設しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」を5つの項目で比較しました!

1.手数料 手数料で比較してみました。
2.積立・投信 積立・投信の有無を比較しました。
3.外国株 外国株の取り扱い数で比較しました。
4.IPO IPO(新規公開株)の取り扱いで比較しました。
5.サポート サポートで比較しました。

1.「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」をネット手数料で比較!

ネット手数料 DMM株(DMM.com証券) サクソバンク証券
日本株を現物で *55〜880円、(25歳以下0円) 取り扱いなし
日本株を信用で 0円〜88円 日本株はCFDでの扱いのみ
定額プラン VIPコース、信用取引0円

*DMM株では手数料の1%を株ポイントとして付与

2.「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」を積立、投信で比較!

DMM株(DMM.com証券) サクソバンク証券
プランの多さ なし(ETF、ETNのみ) なし(ETF、 ETNのみ)
金額
支払いの特徴

3.「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」を外国株で比較!

DMM株(DMM.com証券) サクソバンク証券
取り扱い数 米国株式2000銘柄以上 米国、中国、欧州、11000銘柄以上
取引手数料 0円 米株、取引金額の0.2%
CFDの有無 なし あり(9000銘柄以上)

4.「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」をIPO(新規公開株)で比較!

DMM株(DMM.com証券) サクソバンク証券
取り扱い実績 多い なし
当選確率 完全平等抽選
応募時の入金 必要なし

5.「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」をサポートで比較!

DMM株(DMM.com証券) サクソバンク証券
電話サポート あり あり
メールサポート あり あり(チャットもあり)
店頭サポート なし なし
評判の口コミ 普通〜とても良い イマイチ〜とても良い

「DMM株(DMM.com証券)」をおすすめの方はこんな人!

  • 投資初心者の方
    アプリに『かんたんモード」が搭載されていて初心者でもわかりやすいです。
    コールセンターやメールでのサポートがとても親切だ、との口コミが多いです。
    また、外部委託で「パソコン訪問コンシェルジュ」というサービスが用意されていて、パソコン初心者でさえも安心です。
  • 米国株式に取り組みたい方。
    なにより米国株式の取引手数料が無料なのがDMM株のウリでしょう。
    取引手数料が0円、為替スプレッドだけでOKです。
    また、チャートがとても見やすいとの口コミも見られます。
  • 国内現物株を取引したい方
    まず取り扱い銘柄が豊富です。
    そして1約定ごとの手数料は55〜880円。他社と比較してもかなり低水準です。
    そこにきて25歳以下の方は国内現物株の取引手数料0円を謳っています。
  • 25歳以下の方
    現物株の取引手数料0円です。
    信用取引はVIPコースなら全年齢で0円です。
    夢のようなシステムではないでしょうか。
  • 国内株を信用で取引したい方
    DMM株では国内株の信用手数料がVIPコースで0円です。
    一般コースでさえも1約定につき、300万円以下で88円。300万円超で0円です。
    相対的に業界内では最安レベルでしょう。
  • PCはもちろん、場合によってはスマホで取引を完結したい方。
    「かんたんモード」では難しい用語や複雑な操作が必要ない設計で、初心者にも安心です。
    「ノーマルモード」ではPCアプリとも連携でき、PC並みの情報が見られ、ワンタップで注文も可能です。布団の中で取引できるのがイイ、との口コミも。
  • シンプルに投資を始めたい方。
    扱っている金融商品が、個別株とETF、ETN、REITのみに絞っているので気が散ることなく学ぶことができるでしょう。
    また、商品数を絞っているからこそ手数料が安いのかもしれませんね。DMM株(DMM.com証券)の公式サイトはこちら

    「サクソバンク証券」をおすすめの方はこんな人!

  • 外資系の証券会社に興味のある方
    明らかに毛色の異なる外資系証券会社なので、口座を持っているだけで満足出来る証券会社のひとつかもしれません。
    サクソバンクグループは、オンライン銀行であるサクソバンク(コペンハーゲン)をはじめ、ロンドン、シンガポール、パリ、チューリッヒ、ドバイ、東京など世界の金融センターにグループ拠点を設けています。
  • 海外株をたくさん取引したいが、海外の証券会社経由だと不安、という方。
    もしも海外の証券会社経由で海外の株を購入すると、自己責任で、かつ総合課税です。
    サクソバンク証券は、海外株式数が最強でありながら日本法人なので国内の金融庁の管理下にあり、他の日本の証券会社と同じ法律のもとに運営されています。
    特定口座も用意されました。
    投資保護基金の対象で、税金も20%。
    それでいながら海外の銘柄扱い数は国内でトップクラスです。
    米国株から欧州株、中国本土、香港株まで11,000以上の銘柄を提供しています。
  • とにかく海外株の取り扱い数が重要、という方。
    サクソバンク証券は米国株、欧州株をはじめ、11000以上の海外株を取り扱っています。
  • 投資の選択肢が多いにこしたことがないという方。
    海外株、CFDに強いサクソバンク証券の口座を持っていると、夜間取引やレバレッジ取引も出来るので良いでしょう。
    取引手数料はちょい高めという声があるが、料金体系が日本でお馴染みの証券会社とは異なります。
    最低手数料がある一方で、最高手数料の設定があるので、必ずしも高いとは言えません。
    また、扱う銘柄の証券会社の国によっても手数料が異なります。
    複雑ではないので、よく確かめてから取引した方が良いでしょう。
  • わりと攻める投資手法が好みな方
    現物は米、中国、欧州をメインとし11000銘柄以上の取り扱いがあります。
    高レバレッジのCFDなら日本株、海外株を9000銘柄以上取引出来ます。
    投資信託はなく、ETFやETNです。
    その他、先物、オプション、FXなど、攻めた取引の金融商品がメインの証券会社です。
    また、それだけでなく世界的な展開をしている老舗証券会社なので安心感もあります。サクソバンク証券の公式サイトはこちら

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。今回は人気の「DMM株(DMM.com証券)」と「サクソバンク証券」の違いを5つご紹介してきました。

    DMM株(DMM.com証券)とサクソバンク証券は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「DMM株(DMM.com証券)」と「立花証券(e支店)」で比較する方の方が多いんです。

    詳しくは「DMM株(DMM.com証券)と立花証券e支店を厳選5項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。